最新情報

観光

2016上海世界旅行博覧会出展

 2016年5月19日から22日に上海展覧中心で開催された第13回上海世界旅行博覧会に群馬ブースを設け、本県の観光PRと本県を観光ルートに組み込んだ旅行商品の販売促進を行いました。
 当旅行博は、今回で13回目を迎え、既に関係者等に広く知られていることと、一般客が来場しやすい上海市中心部で開催されることから、上海市内で開催される旅行博の中でも特に集客力の強い観光展です。

 今回の出展では群馬県上海事務所と横浜市上海事務所とで、「日本シルクロードを巡る旅」と題し、2つのブースを連結して出展しました。横浜港から富岡製糸場まで、絹により繋がれた歴史街道として、統一感を持たせた装飾により、広がりのあるPRが行えました。

 ぐんまちゃんで興味を引きつけ、ブースに集まった方たちに、温泉や雪などの本県の魅力をPRしました。
 県内からは、かやぶきの郷薬師温泉旅籠、川場温泉悠湯里庵、中央旅行が参加し、上海事務所とともに、宿の売り込みや旅行商品の販売促進を協力して行いました。

 中国の訪日旅行は、上海市などの都市部では中心に団体旅行から個人旅行へと流れが変わりつつあり、旅行者の要求も細かくなる一方で、まだまだ日本で雪は北海道でしか見られないと思っているような来場者も少なくありません。ゴールデンルートと呼ばれる東京、大阪や、他との差別化を図りやすい沖縄、北海道を除けば、他の地域はほぼ横並びといった印象もあります。
 今後も、拠点となる上海を足掛かりに中国での認知度向上への取り組みを継続し、旅行客増加に努めたいと思います。

≪ 最新情報一覧に戻る