最新情報

観光

台湾高雄市との経済協定更新と本県の観光PR

 本県は台湾高雄市と経済協力協定(「群馬県と高雄市の経済分野における友好協力に関する協定書:2013年3月締結、本年3月25日更新」)を結んでいます。この協定は、①観光PRに協力すること、②産品や産地のPRに協力し輸出促進を図ること、③教育旅行など人的交流を図ることを目的としたものです。
 2016年5月12日、この協定更新にあたり、上海事務所職員が高雄市政府を訪問し、これから3年間の協定期間の取り組みについて意見交換を行いました。今年7月に本県で開催が予定されている台湾フェアでの相互協力など、具体的に話を進めることができました。

 同日に台湾側旅行業者と日本側観光関係団体との商談会「Visit Japan 日本旅遊商談会」に参加しました。台湾では既に訪日旅行が浸透しており、商談を行った旅行業者は、いずれも日本の有名観光地は熟知しており、東京、大阪、沖縄、北海道といった定番以外の新たな目的地を探すニーズを感じました。まだ十分に発信しきれていない本県の魅力に興味深く耳を傾ける業者も多く、直接的に旅行業者に本県をPRする貴重な機会となりました。

 また、翌日の13日から16日まで、高雄国際旅行博が開催され、みなかみ町と協力し、本県のブースを出展しました。来場者に向けて観光PRを行うだけでなく、本県を観光ルートに組み込んだ旅行商品も販売を行いました。今回の旅行博では、多くのブースで旅行商品を販売し、期間中の特別割引なども行われるため、会場は熱気で満ちあふれておりました。

 台湾における訪日旅行は人気が高く、それだけに各自治体ともPRには力を入れています。以前は台北市でのPR合戦が中心でしたが、今は高雄市を中心とした台湾南部にも力を入れる自治体が増えていることを肌で感じました。本県も高雄市との経済協力協定を活かし、更なる旅行客の増加を図りたいと思っております。

≪ 最新情報一覧に戻る