最新情報

観光

2019 国際冬季運動(北京)博覧会への出展

 2019年10月17日~20日まで、北京国家会議中心にて行われた「2019 国際冬季運動(北京)博覧会」に、群馬県として初めて出展しました。
 この博覧会ではウィンタースポーツに関するあらゆるモノやサービスなどの展示・紹介が行われ、中国国内に限らず世界各地のメーカーやスキー場などが出展しました。群馬県ブースには県内スキー場やホテルの担当者も一緒に参加し、県と事業者が一体となって「温泉王国×滑雪天堂(日本語:スキー天国)」をテーマにPRを行いました。

 群馬県ブースを訪れた来場者からは「北海道以外にもスキー場があるの?」といった質問や、「東京から近くて良い」といった声が多く聞かれました。まだまだ群馬県がスキー天国であることは知られていないですが、温泉地とスキー場が隣接していることや東京からのアクセスの良さなどは来場者に非常に好印象を与えていました。

 今回、群馬県ブースには旅行社だけではなく、中国国内のスキークラブの方々も多く訪問してくれました。中国のスキークラブは北海道や長野県のスキー場へ行くことが多いのが現状ですが、少しずつ他の地域のスキー場にも興味関心が高まってきています。群馬県のスキー場に興味をもった理由としては、東京からのアクセスが良いという声が多く聞かれました。
 また上海の旅行社から情報を得て、今回の博覧会にわざわざ重慶など他の地域から足を運んでくれたスキークラブもあり、上海での活動の効果が少しずつ他の地域へ波及していることが実感できました。

 いつか中国で「温泉とスキーといえば群馬県」と認知してもらえるよう、これからも積極的にPRを続けていきたいと思います。

≪ 最新情報一覧に戻る