最新情報

観光

国際スノーリゾートフォーラムに参加しました。

 3月2日(土)~3日(日)、河北省にあるスキーリゾート密苑雲頂楽園で開催された「2019国際スノーリゾートフォーラム」に参加し、群馬県のスキーリゾートのPRを実施いたしました。

 このイベントは、2022年に開催される北京冬季オリンピックへ向け、海外の観光局・スキー場、中国各地のスキークラブ、国内外の旅行社・メディアが一堂に集まり、課題を議論することなどを通じて交流・協力を深めるために開催されたものです。

 当日は、冬季オリンピックを契機としたスノーエリアやスキー旅行の新展開をテーマとしたフォーラムや冬季オリンピックの試合コースの滑走体験、交流パーティーなどが実施され、各地から集まった150名ほどの参加者がスノーリゾート・スポーツという共通の背景の下、熱く語り合い、交流を深めました。

 当事務所も、フランスやスイスなど名だたるスキーリゾート国とともに、PRブースやプレゼン発表で、120のスキークラブのメンバーや旅行社へ向け、「東京からとても近いスキー天国・温泉王国!」としてアピールを行いました。

 中国では、北京オリンピックまでにスキーヤー人口を3億人にする計画の下、小学生のスキー教室が始まるなどの具体的な取り組みが始まったようです。これは群馬県にとって大きなチャンスではありますが、今回のイベントを通じ、世界のスキーリゾート国も中国マーケットを真剣に取り込もうとしていることを肌で感じました。当事務所では、こうした他のスキーリゾート地域との競争も念頭に置きつつ、群馬県の強みであるアクセス性や雪質の良さ、温泉などの魅力を前面に出しながら中国からのスキーインバウンドを進めていきたいと考えております。

≪ 最新情報一覧に戻る