最新情報

イベント

蘇州市内イオンモールでの県産品販売促進

 2019年1月19日(土)20日(日)の二日間、上海から約80kmほどに位置する蘇州市にある日系百貨店「AEONモール蘇州園区湖東」を会場に開催された「第5回蘇州ジャパンブランド」に群馬県ブースを出展し、県産品の販売とステージイベントによるPRを行いました。

 このジャパンブランドは、真の日本ブランドの発信、文化・商品のPR、販売促進等を目的に中国各地の大型モール等を会場に開催されているイベントです。買い物を目的として来店する一般消費者の方々に日本の製品、食、文化、生活、観光などの幅広いジャンルの魅力を直接PRできることから、官民問わず参加できるオールジャパンのイベントとなっています。
 群馬県ブースではジャパンブランドの趣旨に合致し、更にイベント実施後も実際の販売に結びつけるため、上海、蘇州近郊に販売代理店を持つ商品に絞り販売を行いました。

 今回の会場となった「AEONモール蘇州園区湖東」は蘇州市の東側に位置し、AEONNモールの蘇州市内2店舗目として2015年5月にオープンしました。専門店数約200店舗、延床面積218,000㎡という巨大なショッピングモールで、地下鉄1号線の駅にも隣接しています。周辺は蘇州市内で最もマンション開発が進むエリアで、自動車20分の基本商圏内に170万人が居住すると言われています。
 イベントが開催された2日間は、中国のお正月にあたる「春節(毎年変わりますが今年は2月5日)」に向けた年末年始の準備シーズンにあたり、モール内はどこもかしこも買い物客で溢れていました。
 ジャパンブランド会場はイオンモール内の中央広場と呼ばれる吹き抜けのエリアで、一般の買い物客が太鼓や阿波踊りなどの賑やかなステージイベント引き寄せられ、集まったお客様が各ブースを思い思いに見て回るという仕組みが効果的に展開され、終日多くの人で賑わいました。

 ステージイベントは事務局側が日本文化として用意した和太鼓、箏・尺八、空手、阿波踊りに加え、出展団体もそれぞれの商品や地域の紹介を行うのですが、当事務所の「高崎達磨の絵付けショー」は日本文化を代表するものであることから運営側の出し物に挟まれた時間をいただくことだでき、ステージでの達磨の絵付けも、競りも大いに盛り上がり、商品の販売にも役立つ効果的なPRとなりました。

 ブースでは商品を陳列するだけでなく、ぐんまちゃんも応援し、達磨の絵付けやジェルネイルの実演といった見て分かるPRを行ったため、二日間とも多くの方に関心を持っていただき、商品を手にしてもらうことができました。
 世界の工場から巨大なマーケットへと変貌を遂げた中国に、群馬県の良い商品、サービスを送り込み、本県経済活性化の一助となるよう当事務所では引き続き県産品の販売支援を行っていきたいと思います。

≪ 最新情報一覧に戻る