最新情報

観光

スキーリゾート説明会in北京

 2018年11月18日(日)、北京の日本国大使館を会場に、中国のスキーファン等を対象に、日本スキーリゾートや周辺のお勧め観光など、日本の冬の魅力を知っていただくため、「日本のスキーリゾート説明会」を開催しました。

 これは、中国政府が2022年の北京冬季オリンピックに向けて冬のスポーツの普及に取り組む中で、スキーリゾート地としての日本の知名度を高め、中国人観光客の誘致につなげることを目的としたもので、日本を代表するスキーリゾート地である北海道札幌市、宮城県、福島県、そして群馬県の共催で開催しました。
 説明会は、大使館の水谷参事官の来賓挨拶から始まり、札幌市、宮城県、福島県、そして群馬県から、各スキーリゾートの紹介を行いました。各県とも映像などを交えたバラエティ豊かなプレゼンとなり、参加した72名の参加者は興味深く聞き入っていました。

 参加者から「この冬、日本に出かけるのだが、どうやったら草津温泉に行くことができるのか?」という質問が出たり、参加した旅行社の方から「群馬県の高級温泉旅館も紹介してほしい。」との要望もあり、本県の特長である温泉と組み合わせたスキー商品の可能性の大きさを感じました。
 最後に行われた各自治体産品やグッズが当たる抽選会で当事務所からは、ぐんまちゃんのグッズをプレゼントし、当選した子供達は大変喜んでいました。

 中国では、北京オリンピックまでにスキーヤー人口を3億人にする計画があります。当事務所では、群馬県の冬季におけるインバウンド拡大に向けてこのチャンスを行かしたいと考えております。

≪ 最新情報一覧に戻る