最新情報

その他

第一回日本・蕭山企業商談交流会を開催

2 0 1 7年1 2月1日(金)、ビジネス活動を通じて日中間の経済発展と友好交流を促進するため、浙江省杭州市蕭山区政府と日本国各自治体政府が協働し、初めての「日本・蕭山企業商談交流会」を実施しました。
今回の商談交流会は、上海グレートファンドビジネスコンサルティング有限会社の伊楠弁護士の仲介により実現したもので、群馬県、横浜市、大阪府、福井県の4府県での共催となりました。

 会場は、蕭山区政府の厚意により、昨年のG20の会場であった「G20国博センタ ー」を使用させていただきました。
 そして、製造業を中心に日本側の参加企業は群馬県の関係企業4社をはじめ12社が、中国企業は17社が参加し、盛大に開催できました。

 開会式では、中国側からは魏大庆副区長と瞿浙澄招商局長から、日本側からは在上海日本国総領事館の村嶋部長とジェトロ上海の斎藤副所長から、それぞれ挨拶をしていただきました。
 その後、蕭山区政府、群馬県、横浜市、大阪府、福井県がそれぞれ各地域の紹介を行い、日中両国企業の概要説明、事前にペアリングした個別商談会、レセプション形式で の企業交流会と順調に推移し、参加者からは多くの満足した声が聞こえる中で終了することができました。

 本年は日中国交正常化45周年であり、この記念すべき年に、初めての「日本・萧山企業交流会」が開催できたことは、とても意義深いことであると考えています。主 催者として、今回の商談交流会の成果が実を結び、「ものづくりのイノベーション」の契機になったならば幸いです。
  当事務所では、今後も、今回の経験を踏まえつつ、日中両国ビジネスの支援となり得る企業交流を積極的に展開して行きたいと考えております。個別の支援も行っておりますので、希望する県関連企業があれば当事務所までお問い合わせください。

≪ 最新情報一覧に戻る