保渡田古墳群

古代東国文化の中心地

  • 太田天神山古墳

現在の東海・甲信・関東地方は、かつて「東国」と呼ばれていました。4世紀以降の群馬は、豊かな国力を背景に、大陸との交流も盛んで、東国の中心地として栄えていました。

4世紀から7世紀には1万を超える古墳が作られ、中でも太田市にある史跡「天神山古墳」は東日本最大の規模を誇ります。このほかにも、多数の大規模な古墳や出土品などから、大きな勢力を持った豪族が群馬を支配していたと考えられています。

また8世紀初めには、多胡郡建郡の歴史が刻まれた石碑である特別史跡「多胡碑」が建てられました。当時の社会の様子を知る重要な手掛かりとして、今に守り伝えられています。